旬の鯛づくしのお茶漬けはいかがですか。

実緒つくし料理帖, 料理長たより

こんにちは、円山町わだつみです。
今日は、料理長小島が旬の鯛を使った鯛茶漬けを作りました。
春の鯛は桜鯛といいます。
この時期の鯛は、産卵を控えて体がピンク色になるんですね。
ですから、それを桜の花になぞらえて桜鯛とよぶんです。

本日の鯛は、瀬戸内の淡路産天然の鯛です。
天然の鯛はくせがなく旨いんです。

さっそく鯛をさばいていきます。
DSC08721

 

DSC08727

 

あっという間に三枚下ろしになりました。
今回鯛づくしのお茶漬けということで捨てる所はございません。

頭の部分はだしをとってご飯にかけます。

DSC08760

 

次は、さばいた鯛に串を通して松皮づくりにしていきます。
松皮づくりとは、
さばいた鯛にお湯をかけ氷水で冷やすことで、
皮がやわらかくなりくさみがとれ食べやすくなるんです。

DSC08733

DSC08734

 

新鮮な鯛は見ているだけで美しいですね。

 

DSC08739

 

鯛を切っていきます。
お茶漬け用ですので薄く切ります。

DSC08741

 

 

さきほどとっただしをご飯にかけて、
鯛のお造りと秘伝のごまだれをかけてお召し上がりください。

DSC08752

 

DSC08758

 

5月いっぱいは円山町わだつみコースの締めにお出ししております。
贅沢すぎる鯛づくしのお茶漬けをお楽しみください!